So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

子宮頸がん 体験記-5(病院受診) [子宮頸がん]

<2010年3月24日(水)>
~病院受診~

クリニックの先生が取ってくれていた予約日。
ここの病院は、受付をすると呼び出し端末(携帯みたいなもの)が出され、各自それを首にぶら下げ、待合室の前で待たなくても、自分の番が近くなると「待合室でお待ちください」と表示される。
そして、自分の番になると、「〇番へお入り下さい」と表示される。
退院した後も頻繁に通うはめになるが、このシステムのおかげで、下のカフェで時間を潰したりかなり時間を有効活用できた。(もちろん電波の届く敷地内にはいないとダメだけど)
(このシステムがめちゃくちゃ便利なんだけど、今は引っ越してしまったので別の病院に定期検査に行ってるが、こんな良いシステムを使っている病院はまだ見た事ない。)

それはともかく、
婦人科部長の初診枠で受診。
(恐らくこの初診枠の予約を取るのにクリニックの先生は急いでたのかも。逃すと1週間受診日がずれるだろうし)
MRIも血液検査もしてあるので、だいたい状態が分かっていたらしく、
この日、腫瘍マーカーを増やしてもう一度血液検査を受ける事になったものの
「来週、入院できますか?」
と言われた。
以前、子宮内膜症で入院した時は、3か月待ちだった。(別のもう少し小さい病院の時)
内心、「どひゃ~!!」である。
「ら、来週ですか??」
「うん、早い方がいいから」
おりしも3月である。期末決算の時期。。。
「え~と。仕事の事もあるので、来週はちょっと難しいんですが。2週間後とかは?」
「そうね。仕事の都合もあるだろうから大変だろうけど、最長で10日位かな」
急いだ方が良い事は明白である。どうしても年度末の締め日は外せないので4/2(金)まで仕事すれば最低限はクリアできると思い、4/5(月)の入院予定となった。
入院は初めの2週間くらいは検査入院で、その後手術の予定と言われた。

普通は手術の前日に入院することが多いが、(子宮内膜症で入院した時もそうだったし、姉が子宮筋腫で入院した時もそんな感じだった)、悪性腫瘍の場合は、もし他の臓器に転移していたら手術内容も変わるのだろう。
この時の私はそこまで深く考えなかった。
先生も気を使っていたのか、軽い感じに手術の前に色々検査しておいた方が良いから。というぼんやりとした表現だったと思う。

この日は一人で受診したが、先生に「血液検査の結果が2日後に出るので、その時はご家族の方と一緒に来てください」と言われた。
(おお~!ドラマのようなセリフだ~。なんてのんきに思いながらもブルーである)
そして2日後の4/26(金)は姉と一緒に受診。
血液検査の結果はやっぱりアウト。
帰りに入院準備の説明を受けて帰る。

そして初診日から入院までの約10日間怒涛の日々が始まっていた。
水曜の初診の後、上司に報告し、不在中の仕事の代役をどうするかとか相談し(何せ部内で同じ仕事をしている人がいなかったのだ)、通常の仕事をこなしながら、不在中の引継ぎと入院の準備に追われる。
病気の心配より、とりあえず現実問題を処理する日々。
入院してからの方がある意味、楽だった。
かくして、何とか仕事業務や引継ぎを終え、土日で入院に必要な物を準備し、クリニックを受診してから1か月も経たない内に入院することになったのである。



スポンサーリンク





nice!(1) 
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。